東京セントラル

お客さま本位の業務運営に関する取組方針

株式会社東京セントラル(以下、当社)は、「安心を守る」を経営理念に掲げています。「安心を守る」保険の普及につとめることが当社の募集人一人ひとりの心構えであり、そしてお客さま、その先の社会の信頼に応える事になるからです。
当社は、金融庁が2017年3月に公表した「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択し、「お客さま本位の業務運営(フィデューシャリー・デューティー)に関する取組方針」を策定し、以下のとおり表明いたします。

方針1.お客さまの声を活かした業務運営

お客さまの声を真摯に受け止め、迅速・的確かつ誠実に対応し、お客さまの安心を守る業務運営と業務品質の改善・向上に活かします。

【具体的な取り組み内容について】
(お客さまアンケートの実施)
お客さまの信頼に充分応えられた事を確認するために、下記お客さまアンケートを2019年8月から実施しています。いただいたアンケート結果は主管部署がその分析を行い、業務品質の改善・向上に活かしています。
お客さまにはお手数をおかけいたしますが、可能な限りのご協力をお願いいたします。
とりわけ、アンケートのQ3について「是非紹介したい」「紹介してもいい」合わせて30%以上の獲得を目指します。

アンケート

方針2.お客さまにふさわしい商品・サービスの提供

「安心を守る」の経営理念に基づきお客さまの環境やご意向を的確に把握し、それらに対応した保険商品の提案に努めます。

【具体的な取り組み内容について】
(お客様のニーズに基づく商品・サービスの提供)
お客さまにとって重要な情報を分かり易く説明するとともに、その商品やサービスの特性に応じて、適切な情報提供をいたします。

(自己啓発・自己研鑽)
全募集人が「安心を守る」プロフェッショナルであるとの自覚を高め、保険の商品知識だけではなく、法律・税務などの周辺知識も含めてお客さまにとって有益な情報を提供できるように、2020年末までに営業社員全員のFP資格取得を目指します。

方針3.利益相反の適切な管理

コンプライアンスを最重視し、お客さまに対して適正・適切な募集を行なう事で、お客さまの視点に立った保険商品を提供いたします。
また、お客さまの利益が不当に害されることのないように、利益相反について適切に管理する態勢を構築してまいります。

【具体的な取り組み内容について】
(募集プロセスの確認)
募集行為を記録(当社独自の面談記録シートの作成・記入・保管)してお客さまの利益が不当に害されていることがないかをモニタリングし、適切な管理・指導をいたします。

(社員の給与体系)
当社の社員は固定給を基本給としています。従いまして、販売手数料の高い保険商品の偏った販売は行いません。

(業務品質の向上に重点をおいた人事考課)
当社社員の人事考課は、コンプライアンスを前提とした評価を行います。

方針4.高齢なお客さまへの対応

今後のさらなる高齢化社会の進展を鑑みると、特に70歳以上のお客さまには保険商品提案の際には充分にご説明をしてご理解いただくことが大切であると考え、行動いたします。(現状、当社のお客さまの1割以上の方が70歳以上です。)

【具体的な取り組み内容について】
(「高齢者に対する募集プロセスの流れ」の活用) 下記シートを活用して、各項目について募集時に確認いたします。

(80歳以上のお客さまへ年賀状を出状)
当社の80歳以上のお客さまに毎年年賀状を出状して、安否確認を実施いたします。

方針5.BCP対応

大規模災害、特に大規模地震の発生確率が今後30年間で70%と非常に高くなっている現在、当社社員の安否確認・安全確保とお客さまの安心をお守りするBCPを策定いたしました。
その中で、お客さまが万が一の時でも当社と連絡の取れる態勢を構築いたします。

【具体的な取り組み内容について】
(大規模災害マニュアルの作成)
首都直下型地震を想定した大規模災害マニュアルを作成いたしました。当社の被害状況にもよりますが、当社社員の安否確認・安全確保のうえ、当社からお客様に連絡のできる態勢を構築いたします。

(お客さまへの第一報連絡)
お客さまの安否を確認し、被害情報を収集いたします。そして、当社の連絡先をご案内いたします。

(お客さまへの第二報連絡)
お客さまに、保険金支払いの窓口をお知らせいたします。

以上

19-T02839(2019年8月作成)